スタッフ

JHPの運営は東京事務所、プノンペン事務所が拠点となっています。少人数ながら世代も色々、個性豊かなメンバーが毎日楽しく仕事をしています。ここでは、ちょっとだけ自己紹介。続きはお会いした時に・・・。

東京事務所

常勤理事

吉岡健治 (よしおかけんじ)

2001年1月よりJHP事務局に加わり既に15年以上になります。2004年末までは事務局長を務め、その後は常勤の理事としてJEN(共同代表理事)、カンボジア市民フォーラム(世話人)、アフリカへ毛布をおくる運動を推進する委員会を担当してきました。現在は関係団体担当に加えて学校建設と教育支援担当、研修・ツアー派遣企画担当理事を務めています。

岩本宗孝 (いわもとむねたか)

2002年のスタディーツアーに参加して以来、JHPで活動をはじめて早や15年になります。現在は理事として、総務、経理、広報、を担当しています。およそ1年に1,2回カンボジアを訪問していますが、さすがに都市部は当初とは見違えるような発展を遂げています。しかしながら、我々が現在活動している地方部はまだまだ貧しいところも多く、引き続き支援が必要です。これからも皆様のあたたかい援助をお願いいたします。

伊藤多栄子 (いとうたえこ)

JHPの前身、JIRAC(日本国際救援行動委員会)での関わりで小山内代表とご一緒にロシアに冬と夏に支援物資を届ける活動や阪神・淡路大震災で災害支援に参加して以来、なんだかんだと言いながら現在にいたっています。JHPでは『半世紀組』と呼ばれています。事務所で出会う若者達とお話しするのが大好きです。皆さんからたくさんのパワーをもらっています。

中込祥高 (なかごみよしたか)

1996年8月にボランティアとしてJHPでの活動を開始。97年4月からスタッフとしてJHP一筋で二十余年を迎えています。2018年4月、プノンペン事務所での約2年の駐在生活を締めくくり、日本に戻ってきました。これまでの経験を活かし、支援者との繋がりを更に深めながら、今後もカンボジアやネパールの教育普及に力を注いでいきたいと思います。振り返れば、大学時代の恩師から“Live and let live.”という言葉をいただいたことを思い出します。「自分も生き、他の人も生かす」、「共存共栄」、「持ちつ持たれつ」など解釈は様々ありますが、国際協力やボランティア活動などにも通じる言葉です。JHPに関わる全ての人が、将来に向けて可能性をひろげていけるような潤いある組織や活動をめざして、私自身もヤングヒューマンを保ちながら、ミドルエイジを充実させたいと思います。

事務局

綿貫玲子 (わたぬきれいこ)

高校時代から国際協力や児童福祉に興味を持ち、アメリカの大学・大学院でソーシャルワークを専攻しました。これまでソーシャルワーカーとして難民支援、少年院の子どもたちのサポート、HIV/AIDS患者支援に携わってきました。途上国と日本の子どもたちが、安心して笑顔で成長できるような活動を行っていきたいと思っています。よろしくお願いします。

和田勝則 (わだかつのり)

私とJHPとの関わりは、2004年に定年まで在籍した会社のボランティア組織がカンボジアに学校を建てたことがきっかけです。その後8月隊に2度参加し、カンボジアの魅力に益々填っていきました。現在カンボジアは発展しつつありますが、アジア最貧国から抜け出すために今必要なことは、将来を担う子どもたちの教育レベルの向上です。子どもたちが安心して勉強できる環境作りの一員になれたことを誇りに思い活動していきます。
私の愛称は『オヤジ』です。学校建設チームで働きますので、支援者の皆様方が“安全で安心”して活動できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。

上田浩之 (うえだひろゆき)

民間企業に25年以上勤務するなか、自分は世の中の人々の役に立っているのだろうか、人々に笑顔を与えるような活動をしているのだろうか、と思い、それまでの会社を退職することを決断。2013年、暇つぶし程度のつもりで国際ボランティア・カレッジを聴講したところ、新発見の連続で、すっかりその魅力にはまってしまいました。現在は、広報・イベント担当職員として働いています。

能智和美 (のうちかずみ)

21年間のアメリカ生活を終えて5月に日本へ帰国しました。
海外から日本を見てきて、また「ボランティア」という言葉が身近にあったため、日本でも何かボランティア活動に関わる仕事をしたいと思っていたのでJHPと出会えてラッキーでした。自分の愛する日本が他の国を助ける活動のお手伝いができることを幸せに思います。
どうぞよろしくお願いします。

近藤 美由紀 (こんどうみゆき)

地方自治体におよそ四半世紀勤めたのち、思い切って上京・転職しました。
公務員時代にJICA青年海外協力隊員としてシリア・アラブ共和国へ派遣された経験が、私の原動力です。
憧れの象徴であった東京タワーを垣間見ながら、「JICA 草の根技術協力事業」の事務を担当しています。

プノンペン事務所

駐在員

矢加部咲 (やかべさき)

こんにちは。2014年4月からプノンペン事務所へ赴任している矢加部 咲と申します。美術や音楽などの芸術教育支援事業を担当しています。芸術活動を通して、カンボジアの人々へ日々のささやかな楽しみや小さな喜びを見つける機会を提供できることを願っています。

高林幸祐 (たかばやしこうすけ)

学生時代にカンボジアをはじめ6カ国を旅し、インドでは半年カレー漬けの生活を送りました。
現地で目にした子どもたちの現状に疑問を抱きながら、旅行代理店にて勤務をしておりましたが、2016年夏「芸術 」「子ども」 「アジア」と私が求めていたキーワードが揃うJHPを見つけ、門を叩きました。
東京事務所にて総務を担当しておりましたが、2018年1月より、プノンペン事務所で勤務しています。
学生時代は吹奏楽やJAZZのビックバンドでトランペットを演奏してきましたが、子どもたちに音楽をはじめとした芸術活動通して、豊かな毎日を歩んでもらえる手助けをしていきたいです。

辰川はる奈 (たつかわはるな)

大学卒業後、日本語教師としてフィリピンにて勤務した後、青年海外協力隊としてガーナの小、中学校で活動してきました。主に、日本語、日本文化と情報通信技術(ICT)の授業を担当し、日本の文化を通して子どもたちの世界観を広げることの楽しさと大切さを経験することができました。その後、アメリカのNPOにて2年間勤務し、今までの経験を活かしたいと思い、JHPに2017年12月入所しました。
学校の中身を充実させるためのソフト分野の支援に取り組みながら、少しでも子どもたちの将来の選択肢を広げることができればと思っています。

カンボジア人スタッフ

バン・ラス (学校建設チーム)

2001年からJHPで働いています。建設チームのシニアプログラムオフィサーです。2008年末には土木工学学士を取得しました。建設の仕事の中でも、子どもたちに有益な学校建設にとても興味を持っています。

本人のメッセージ動画はこちらから

メーン・サコーン (学校建設チーム)

1967年生まれ。2000年12月よりJHPで働いています。建設現場チェック、各種書類翻訳、関係官庁などとの連絡を務めています。

本人のメッセージ動画はこちらから

ティム・パリー (学校建設チーム)

こんにちは、皆さん。元気ですか。私の名前はティム・パリ―です。
学校建設班のプログラムアシスタントです。皆さんに挨拶が出来、とても嬉しいです。日本は世界の中でも、とても素晴らしい国だと思います。日本の皆さんは、カンボジア人のために、たくさんの手助けをして下さっています。一人でも多くの日本の方がカンボジアを訪れてくれることを願っています。皆さんが来た時には、私がガイドを買って出ます。。

本人のメッセージ動画はこちらから

マオ・カナリン (芸術教育チーム)

私はマオ・カナリンです。バッタンバン県出身で、今はプノンペンで2人の友人とルームシェアをしています。JHPで仕事をし始めて約9年になります。カンボジアの子どもたちが他の国と同じように音楽教育を受けられるようにするJHPの教育支援プロジェクトは、とてもよいものだと思っています。

本人のメッセージ動画はこちらから

ノウ・チャンタ (芸術教育チーム)

こんにちは!ノウ・チャンタと申します。カンボジアのプレイベン州の出身で1990年生まれです。
2017年12月からJHPのスタッフとして働いています。
私は教育について深い興味を持っています。国を発展させるためには市民の教育することは一番重要なことだと思っています。
ですので、JHPの活動を通じてカンボジアの教育システムの発展を寄与させていただきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願いいたします。

スレン・キムヘン (CCH担当チーム)

私の名前はスレン・キムヘンです。
1992年生まれでカンダール州のタクマウ村に住んでいます。
教育チームのプログラムアシスタントとして2017年12月26日からJHPで働いています。

ダン・カニタ (識字教育チーム)

私の名前はダン・カニタです。
1992年生まれで、カンダル州の出身です。
15歳の時には幼稚園の先生をしていました。
その後17歳から、文化と教育発展のためのローカルNGOでボランティアの仕事をしていました。
そして、このほど識字教育プロジェクトのプログラムアシスタントとしてJHPで働くことになりました。
カンボジアでの教育育成活動を行うJHPの一員になれたことにとてもエキサイトしています。
また、私の両親も学校の先生でいろんな教育に関わってきたことから、私のことを誇りに思ってくれています。
ありがとうございます!

カンボジア人音楽教育インストラクター

ヒム・サヴィー (音楽インストラクター/フルート奏者)

皆さん、こんにちは。ヒム・サヴィーと申します。私はJHPの音楽インストラクターです。また、私は演奏家でもあり、王立芸術大学の音楽教師としても働いています。私はカンボジアの音楽教育のためにJHPのスタッフとして働くことをとても嬉しく思っています。なぜなら、カンボジアでの音楽教育に15年以上取り組んだ経験から、全てのカンボジアの子どもたちにとって音楽はとても大切なものであり、音楽教育は人々の感情や社会の中でのコミュニケーションに良い効果をもたらすと信じているからです。私はカンボジアの学校カリキュラムの中に音楽の時間が一つの科目として正式に組み込まれることを願っています。皆さんのカンボジアの音楽教育への支援に、心から感謝いたします。

本人のメッセージ動画はこちらから