「成人のための識字教育」経過報告

第1期:2018年度(2018年10月~2019年4月)

コンポンチャム州バティエ郡4村を対象に識字教育をスタート

2018年3月~7月に亘り、コンポンチャム州バティエ郡内にある12コミューン(地方自治体)のうち11コミューンで、識字率調査を実施しました(残り1コミューンは調査不参加)。
その結果、11のコミューンのうち、識字率が特に低かった以下の4村で識字教室を開催することとなりました。

〇対象地域:
トゥマイ村/プノントーイ村/トロップ村/トマールケイブ村

〇教員:4名(各村1名ずつ、いずれもこれまで識字教育の教員経験者)

 

開講式
〇開催日:2018年10月16日
〇参加者:4村受講者代表約50名、識字教員、バティエ郡教育課スタッフ、
コミューン長、各村の村長、JHP小山内代表以下スタッフ

識字の授業が(灯りの無い)夜間に行われることから、パナソニック㈱ 様より「ソーラーランタン」120台と「ソーラーストレージ」16台を提供いただきました。
そして、本開講式では「ソーラーランタン」を受講者一人一人に小山内代表より手渡しました。

・開講式に集まる受講生の方々(写真左)
・ソーラーランタンを手渡し(写真右)

 

識字クラス

4村で各クラス約25名ずつ、6ヵ月間に渡る識字クラスが開講されました。
昼間には家事や仕事をし、夜に「読み・書き・計算・道徳」の授業を受けています。
生徒たちはグループワーク等でお互いに助け合いながら、コツコツ勉強を続け、先生たちも月に一度のミーティングを重ねながら、より良いクラスづくりに励んでいます。
中には、授業の影響を受け、村のお寺建設のサポートといった、コミュニティでのボランティア活動に積極的に参加するようになった生徒たちもいました。

 

閉講式
〇開催日:2019年4月30日
〇参加者:識字クラス生徒、教員、各村の村長、コミューン長、バティエ郡教育課スタッフ、JHPスタッフ

第1期では、99名の受講生のうち、95名が修了試験に合格し、無事に6か月間のコースを修了しました。

・修了証の授与(写真左)
・代表生徒による挨拶(写真右)

毎日夜に行われる識字クラスに通うため、昼間は働き、家事も忙しい中で勉強との両立をすることは簡単なことではなかったことと思いますが、コースを修了した生徒たちの表情は、6か月前と比べると明るく、今後の自信に繋がったようでした。
閉講式では、修了試験に合格した生徒への修了証書の授与と、各クラスで極めて高い成績を残した生徒トップ5名に対して、Tシャツが授与されました。

第1期の生徒・先生たちは、今回の識字クラスで学んだことを忘れないよう、今後もそれぞれが継続して勉強を続けながら、村での生活がより豊かになるように、お互いにサポートしあっていきます。



第2期「成人のための識字教育」経過報告はこちら
第3期「成人のための識字教育」経過報告はこちら