スタッフ

JHPの運営は東京事務所、プノンペン事務所が拠点となっています。少人数ながら世代も色々、個性豊かなメンバーが毎日楽しく仕事をしています。ここでは、ちょっとだけ自己紹介。続きはお会いした時に・・・。

東京事務所

常勤理事

吉岡健治 (よしおかけんじ)

2001年1月よりJHP事務局に加わり既に15年以上になります。2004年末までは事務局長を務め、その後は常勤の理事としてJEN(共同代表理事)、カンボジア市民フォーラム(世話人)、アフリカへ毛布をおくる運動を推進する委員会を担当してきました。現在は関係団体担当に加えて学校建設と教育支援担当、研修・ツアー派遣企画担当理事を務めています。

伊藤多栄子 (いとうたえこ)

JHPの前身、JIRAC(日本国際救援行動委員会)での関わりで小山内代表とご一緒にロシアに冬と夏に支援物資を届ける活動や阪神・淡路大震災で災害支援に参加して以来、なんだかんだと言いながら現在にいたっています。JHPでは『半世紀組』と呼ばれています。事務所で出会う若者達とお話しするのが大好きです。皆さんからたくさんのパワーをもらっています。

事務局

眞榮城好香 (まえしろよしか)

広報を担当しています。
高校時代にフィリピンのスラム街を訪問し、ストリートチルドレンを目の当たりにしたことをきっかけに、途上国の貧困問題解決への貢献を志すようになりました。
大学時代の学びを通じて、貧困問題における教育分野の重要性を感じたことから、JHPへの入所を決めました。
カンボジアとネパールでの教育の環境づくりを通して、子どもたちが社会的・経済的に自立し、豊かな心を育むことのできるサポートをしていきたいと思います。
支援してくださる皆さまに、より近い立場で、現地の様子を発信していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

渡辺悠斗 (わたなべゆうと)

これまでに幼稚園や小学校、青年海外協力隊、保育士、オンライン英会話講師等、主に教育現場で勤めてきました。
カンボジアは初めて行った外国であり、私にとって国際協力の分野に貢献しようと志すきっかけをもたらしてくれた思い入れのある国です。子どもたちの笑顔を思い浮かべながら、JHPのスタッフとして教育事業を盛り上げていきたいです。どうぞよろしくお願い致します。

能智和美 (のうちかずみ)

21年間のアメリカ生活を終えて5月に日本へ帰国しました。
海外から日本を見てきて、また「ボランティア」という言葉が身近にあったため、日本でも何かボランティア活動に関わる仕事をしたいと思っていたのでJHPと出会えてラッキーでした。自分の愛する日本が他の国を助ける活動のお手伝いができることを幸せに思います。
どうぞよろしくお願いします。

野村政道 (のむらまさみち)

前職で懇意にしていた取引先の社長から言われた「人の為に一生活動するって素晴らしい人生だよ」の言葉がずっと心に響いていました。この度有難いご縁が有り、JHPと出会うことができました。
子どもたちの笑顔のために、支援者の方達と子どもたちの繋がりのために、活動していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

ゾリグト アズザヤ 

こんにちは。2020年12月よりJICA国内事業担当者として着任いたしました、モンゴル出身のゾリグト アズザヤと申します。
今まで教育と教科書に関する研究をしてまいりました。
皆様と力を合わせ、これからもカンボジアへの協力をより一層進めていきたいと願っております。
皆様のご指導をお願いいたします。

プノンペン事務所

駐在員

辰川はる奈 (たつかわはるな)

大学卒業後、日本語教師としてフィリピンにて勤務した後、青年海外協力隊としてガーナの小、中学校で活動してきました。主に、日本語、日本文化と情報通信技術(ICT)の授業を担当し、日本の文化を通して子どもたちの世界観を広げることの楽しさと大切さを経験することができました。その後、アメリカのNPOにて2年間勤務し、今までの経験を活かしたいと思い、JHPに2017年12月入所しました。
学校の中身を充実させるためのソフト分野の支援に取り組みながら、少しでも子どもたちの将来の選択肢を広げることができればと思っています。

山岸真喜子 (やまぎしまきこ)

2022年4月よりプノンペン 事務所で勤務しています。前職は小学校教員です。
JICA海外協力隊としてカンボジアの小学校教員養成校で情操教育に関する活動をしていた時に、JHPと出会いました。
芸術教育が「すき」「楽しい」という気持ちを、現地の人と共に広めていきたいです。

カンボジア人スタッフ

バン・ラス (学校建設チーム)

2001年からJHPで働いています。建設チームのシニアプログラムオフィサーです。2008年末には土木工学学士を取得しました。建設の仕事の中でも、子どもたちに有益な学校建設にとても興味を持っています。

本人のメッセージ動画はこちらから

マオ・カナリン (芸術教育チーム)

私はマオ・カナリンです。バッタンバン県出身で、今はプノンペンで2人の友人とルームシェアをしています。JHPで仕事をし始めて約9年になります。カンボジアの子どもたちが他の国と同じように音楽教育を受けられるようにするJHPの教育支援プロジェクトは、とてもよいものだと思っています。

本人のメッセージ動画はこちらから

ノウ・チャンタ (芸術教育チーム)

こんにちは!ノウ・チャンタと申します。カンボジアのプレイベン州の出身で1990年生まれです。
2017年12月からJHPのスタッフとして働いています。
私は教育について深い興味を持っています。国を発展させるためには市民の教育することは一番重要なことだと思っています。
ですので、JHPの活動を通じてカンボジアの教育システムの発展を寄与させていただきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願いいたします。

スレン・キムヘン (CCH担当チーム)

私の名前はスレン・キムヘンです。
1992年生まれでカンダール州のタクマウ村に住んでいます。
教育チームのプログラムアシスタントとして2017年12月26日からJHPで働いています。

ハン・ソーダ (識字教育チーム)

こんにちは、皆さん。ソーダです。
私は2018年11月よりJHPの識字教育のプログラムアシスタントとして勤務しています。
他の献身的で経験豊富なスタッフと一緒にJHPで働くことは、私の夢でした。
私は他の国々やカンボジアを何十年に渡り支援している日本の国際NGOで働きたかったです。
JHPではできるだけ長く働き、プロジェクトを通して、自国を支援できたらと思います。
そしていつの日か、私もJHPと同じように支援が必要な人々にとっていいモデルになり、支援に携わった人々全員に発展した国を見てもらいたいです。
読んでいただいて、ありがとうございました。
どうぞよろしくお願いいたします。

カンボジア人音楽教育インストラクター

ヒム・サヴィー (音楽インストラクター/フルート奏者)

皆さん、こんにちは。ヒム・サヴィーと申します。私はJHPの音楽インストラクターです。また、私は演奏家でもあり、王立芸術大学の音楽教師としても働いています。私はカンボジアの音楽教育のためにJHPのスタッフとして働くことをとても嬉しく思っています。なぜなら、カンボジアでの音楽教育に15年以上取り組んだ経験から、全てのカンボジアの子どもたちにとって音楽はとても大切なものであり、音楽教育は人々の感情や社会の中でのコミュニケーションに良い効果をもたらすと信じているからです。私はカンボジアの学校カリキュラムの中に音楽の時間が一つの科目として正式に組み込まれることを願っています。皆さんのカンボジアの音楽教育への支援に、心から感謝いたします。

本人のメッセージ動画はこちらから